ミルクを飲むのに使う|赤ちゃんがいるならベビーベッドで順風満帆|レンタルがノーリスク

赤ちゃんがいるならベビーベッドで順風満帆|レンタルがノーリスク

赤ちゃん

ミルクを飲むのに使う

哺乳瓶

ガラス製の素材は人気

赤ちゃんがミルクを飲む際に使用されるのが、哺乳瓶です。近年では、機能やデザインが優れた商品がたくさん販売されています。哺乳瓶から栄養を摂取できるので、赤ちゃんがいる家庭にはなくてはならないアイテムです。哺乳瓶の素材は、主にガラスとプラスチック製に分かれます。どちらを選べば良いのか悩むお母さんは非常に多いです。ただ昨今、売り上げが伸びているのはガラス製の哺乳瓶です。その理由は、耐熱性に優れていて、洗っても傷がつきにくいからです。また、汚れも簡単に落とせるので、赤ちゃんの衛生的にも優れています。ただガラス製は重いので、赤ちゃんが一人で飲むのは難しいです。なので、小さいうちはプラスチックを利用して、ある程度成長したらガラスに変えると良いです。

大きさの選び方

哺乳瓶は、現在、素材、形、大きさなどにおいて、色々な種類が販売されています。そのため、お店に行ったものの、どれを選べばいいか悩んだと言う経験をした人は多いです。特に哺乳瓶の容量は、50mlから240mlと色々な種類あります。哺乳瓶の容量の選び方は、通常、赤ちゃんの1回分の授乳量によって決めます。赤ちゃんの授乳量は、大きくなるにつれて増えていきます。たとえば、1ヶ月未満は80ml、3ヶ月は180ml、4ヶ月以上は220mlが飲む量の目安です。そのため、成長とともに、哺乳瓶も大きい物に変えていく必要があります。よって、新生児には120mlの哺乳瓶、2ヶ月以上には240mlの哺乳瓶を用意すれば良いです。